クレンジングのABCがわかるサイト

毎日行っている習慣の一つに、洗顔がありますよね。朝起きた時や、化粧を落とす時は必ず洗顔をしていると思います。洗顔は顔を洗うという意味ですが、朝の洗顔時は洗顔料、夜に化粧を落とす時はクレンジング(メイク落とし)、その後に洗顔料を使うことが多いのではないでしょうか。

このように、洗顔は一言で表すことができず、洗顔方法も様々です。

そこで、今回は「クレンジングのABCがわかるサイト」を見つけたので、クレンジングに着目してご紹介します。

クレンジングとは

クレンジングとは、前述した通り、メイクを落とす際に行う洗顔方法です。メイクを落とすことが目的のため、クレンジング料を使います。

クレンジング料はお肌への負担が大きいです。しかし、メイクを落とさないわけにはいかないので、クレンジングをしなくてはなりません。そのため、お肌への負担が少しでも軽減する必要があります。

幸いなことに、クレンジング料選びや洗顔時に少し気を付けるだけで、お肌への負担は軽減できます。

今回は、いかにお肌の負担を減らしてクレンジングをすることができるのかを、解説していきます。

クレンジング料選び

まず、基本となるのはクレンジング料選びです。

クレンジング料は様々ありますが、エイジングケア世代であれば、オイル系は刺激が強いことが多いため避けた方が吉です。タイプであれば、ジェル、クリーム、バームなどはお肌への摩擦も少ないのでお勧めです。

また、ミネラルオイルが主な洗浄成分のクレンジング料も控えましょう。

お勧めは、アミノ酸系界面活性剤もしくは油脂系オイルが主な洗浄成分となっているクレンジング料です。

アミノ酸系界面活性剤は、洗浄力が少し劣る部分もありますが、低刺激のため、肌への負担を軽減してクレンジングすることができます。

油脂系オイルは、洗浄力もあり、かつ低刺激ですが、価格帯が高いことがあります。

どちらもお肌に優しいという点では、お勧めの洗浄成分です。

これらが組み合わされたクレンジング料を使うようにしましょう。

クレンジング時の注意

クレンジングを正しく行うことができている人は意外に少ないです。ここに記してみますので、ご自身のクレンジングが正しく行われているか確認してみてください。

①手を洗い、清潔な状態にする

②乾いた手でクレンジング料を使う

③Tゾーン、Uゾーン、Oゾーンの順でクレンジング料をお肌に馴染ませる

④30度~32度程度のぬるま湯で10回~20回までで濯ぐ

⑤清潔なタオルでぽんぽんと優しく水気を拭う

※これらを、1分以内に行う。

いかがでしょうか?正しいクレンジングはできていましたか?

知らなかったという声が多いのは、③のお肌に馴染ませる順番です。

お肌には、天然の保湿クリームと言われる皮脂があります。皮脂は多すぎると毛穴汚れに繋がる可能性もありますが、少なすぎるとお肌の水分が蒸発してしまい、乾燥肌に繋げてしまいます。大切なことは、皮脂をバランス良く顔に保つことです。そのため、皮脂の多い部分から洗っていくことがポイントです。

肌質に合わせたクレンジング

クレンジング料や正しいクレンジングの方法を明記しましたが、実際には、肌質や肌トラブルにあったクレンジングをすることが一番です。

ここでは肌質別にすべてを書ききることができませんが、冒頭のクレンジングのABCがわかるサイトでチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は、クレンジング料の選び方や正しいクレンジング方法をお伝えしました。洗顔というと、クレンジング以外にも、朝の洗顔もあります。それらは全てクレンジングのABCがわかるサイトに纏められていたので、そちらも見てみてくださいね。